代表挨拶

芹生拓郎画像1

みなさま、こんにちは
代表の芹生(せりう)でございます。
前回の大幅なサイトリニューアルから数年経過したことから
成長した様子や弊社が変化している事をお伝えしたい思いが強くあり、
この度お写真の入れ替えとコーポレートサイトのアップデートを行いました。

現在「コロナ禍」と言われるようになり2年弱になろうとしております。
感染症対策という新たな社会問題に巻き込まれ市場の流れも激変してしまいました。
エンターテイメント業界はその中でも最も甚大な被害を受け未曾有の困難を極めました。しかしそのような状況でも私達は諦めず立ち止まりません。

販売方法、商品開発もこの変化に適用し必要とされることに対して徹底的に注力して参りました。
当社メンバーがお客様へ「商品企画からデザインまで」を一貫し全力で提案した新商品が多くのファンユーザーから購入頂いた事がわかり
「商品、届くの楽しみだ!」というお声をSNS等で目の当たりにする営業メンバー、
デザイナーの魅せるスマイルやガッツポーズはこの仕事の本当の「やりがい」ではないかと改めて「ものづくり」の楽しさを実感し
「町工場からクリエイティブな企業へ」高みを目指せる自信にも繋がりました。

また当社の製造部チームは従来の積極的な「5S活動、品質管理」だけでなく
本年度より「著作物の管理」においても文化庁による指定機関から適切な指導を受け
マニュアルに基づき厳格な管理体制で製造への取り組みを行っております。
国内自社工場、海外提携工場を問わず短納期かつ大量生産でスピードが必要な場合には、
お客様が必ず安心して頂ける事を最優先に迅速かつ安定的な製造供給をお約束致します。

2022年以後はリアルな感動も今日よりたくさんお届けできて
明るく華やかな世界がまた戻ってくる、呼ぶ!と心より願っております。

本日はグッズの製作会社って何だろう?と弊社に少なからずとも興味を持ってくださる未来の当社メンバーがそこにいると思いお話させて頂きますね。
募集すると意外にも何百人と応募がくるのでこの場をお借りしてお話ができたらと考えておりました。

グッズは今日様々な業界で活躍しております。
企業プロモーションの販促品と呼ばれるノベルティ、そしてMDと呼ばれる物販用品と大きく分けて2種類、この業界にはございます。

アニメグッズ、キャラクターグッズ、コンサートグッズ、観戦グッズ、
最近では「2.5次元、声優、YouTuber」など独自のコンテンツ、アイデアから多様な「モノ」が初めて生まれてきます。
それぞれの世界観や季節や周年などテーマに沿った「コト」と重ね合わさる事によってデザインがより具現化し洗練されていきますよね?ここが企画やデザインのポイントです。

例えばコンテンツが「戦国ゲーム」テーマは「雨」「10周年記念」仮に設定のファン層は若者女性として、「小刀モチーフの軽い折畳み傘、でも各キャラクターの色や仕様は変えたいですよね?10周年記念用は可愛いロゴに金の箔押し仕様はいかがでしょう?」というような感じです。
予定数量分の部材があるか、実際に製作可能な仕様かなどの完成までに様々な注意が必要です。

あなた自身への記念品やプレゼントを購入する時の自然と惹かれる感覚や体験。
その時の思い出をずっと形として残しておきたい「ココロ」つまり商品価値です。
「モノ」「コト」「ココロ」この3つが最も重要でありお客様と弊社が共に創り、ファンへ深い感動を提供し繋げていく事が「グッズの製作会社」のミッションだと考えております。

芹生拓郎画像2

最後になりますが、これらの企業活動を通じてお客様、当社メンバー、そしてファンの皆様も夢中になるような環境づくり、更なる社会の発展に一つでも多く貢献できるよう今後も取り組んで参ります。 


TOP